神社は日本人の「心のふるさと」だと表現されます。
人々の精神的なより所として、また地域社会の調和・統合の象徴として、
長い歴史を歩んできたのが神社であって、
まさに民族信仰の原点に位置するものでありましょう。
東京都渋谷区渋谷1-12-16 電話03-3407-7722
珍しい日本狼の狛犬
当神社の狛犬は全国的にも大変珍しい日本狼石像でありまして、鎮座年暦などは不明ですが、延宝年間(江戸時代1673〜1681年)の作品だと思われます。
原形は、太平洋戦争以前から損傷が甚だしく、社殿復興に際し修復し、社務所内に安置してあります。社殿前の日本狼像狛犬は、ブロンズ製で、原形をモデルにして製作した多田端穂作であります。

例大祭は神社でふつう年に1度行われるもっとも盛大で、大切なお祭りです。
例大祭には全国の神社の総意に基づいて設立された、神社本庁から奉祝の意味が込められた幣帛(神様への供物)がたてまつられます。この日にはいろいろな催し物があり、参道には露店がたち並び、境内は参拝者で賑わいます。
昨年の宵宮は、サーカスが東京メトロ渋谷駅構内13番出口方面広場で行われました。

2016年の例大祭は9月21日(水)
神輿渡御は午後2時より
平成28年の例大祭の模様
平成27年の例大祭の模様
平成26年の例大祭の模様
平成25年の例大祭の模様
平成24年の例大祭の模様
平成23年の例大祭の模様
平成22年の例大祭の模様
平成21年の例大祭の模様
平成20年の例大祭の模様
平成19年の例大祭の模様
平成18年の例大祭の模様
平成17年の例大祭の模様
平成16年の例大祭の模様


2016年のポスター

宮中の年中行事の一つ。大晦日の夜、悪鬼を祓い疫病を除く儀式。殿上人は桃の弓、葦の矢で鬼を射る。古くから中国に始まり、日本には7世紀末、文武天皇の頃から伝わり、社寺、民間にも行われた。近世、民間では節分の行事となっております。
(写真は平成24年度節分會の模様)

長い間、家庭や社会に貢献してきたお年寄りを大切にすることの重要さを改めて認識するための日です。
御嶽神社では、町内の75歳以上のお年寄りに記念品を贈り、ますますの健康と幸福を祈念いたしております。


11月の酉の日に御嶽神社境内にて神社熊手、商人熊手の市がたちます。
宮益坂には、屋台が立ち並びます。
2017年今年の酉の市は
一の酉 11月6日(月) ●二の酉 11月18日(土)三の酉 11月30日(木)
(写真は2016年のポスターと2014年模様です)

大祓は、祓それ自体が独立した儀式となって行われるものです。1年を2期に分け、半年の間に知らず知らずに犯した罪、積もり積もった身心のけがれ、いっさいの災厄を消滅し、清浄な本来の姿を取り戻すための信仰行事で、それによって平穏無事な生活を期待するわけです。

厄除祭は厄年にあたった人が神社に参詣して、災いを福に転ずるために厄除けのお祓いを受け、災難を免れようとするものです。
一般に男性25・42・61歳、女性19・33・37際でその前後を前厄・後厄といいます。中でも男性42歳と女性33歳は大厄とされています。
平成29年の厄年(数え歳)
  前厄 本厄 後厄

24才
平成6年(1994)生
いぬ

25才
平成5年(1993)生
とり
26才
平成4年(1992)生
さる
41才
昭和52年(1977)生
へび
42才
昭和51年(1976)生
たつ
43才
昭和50年(1975)生
うさぎ
60才
昭和32年(1958)生
いぬ
61才
昭和31年(1957)生
とり
62才
昭和30年(1956)生
さる
18才
平成12年(2000)生
たつ
19才
平成11年(1999)生
うさぎ
20才
平成10年(1998)生
とら
32才
昭和61年(1986)生
とら
33才
昭和60年(1985)生
うし
34才
昭和59年(1984)生
ねずみ
36才
昭和57年(1982)生
いぬ
37才
昭和56年(1981)生
とり
38才
昭和55年(1980)生
さる
男女共通

60才
昭和33年(1958生)
いぬ

61才
昭和32年(1957)生
とり
62才
昭和31年(1956)生
さる

昔から年齢によって次のような長寿の祝いがあります。お祝いの日は、家族一同揃って長寿を言寿ぐとともに、氏神さまに参拝し平素のご加護に感謝し、ますます壮健で長生きするよう祈願しましょう。
還暦(かんれき・61歳) 米寿(べいじゅ・88歳)
古稀(こき・70歳) 卒寿(そつじゅ・90歳)
喜寿(きじゅ・77歳) 白寿(はくじゅ・99歳)
傘寿(さんじゅ・80歳)  

 
戻る